注)Sony Xperia Z5はXperiaアンバサダープログラムで開発機をお借りしました

前のXperia Z4(Xperia Z3+)と言えば、熱くなるのが大問題でした。
なぜスマホが熱くなったらまずいのかというと、まずは、リチウムイオンバッテリーが熱くなると最悪発火の可能性があるのです。次は熱いとデータが飛ぶことも。大昔、パソコンのファンの近くにSDカードを置いたら、データが飛んだことがありました・・・。まだバックアップ取る前だったのに・・・。

熱くなりにくい

ソニーさん曰く、Z4(Z3+)と比べると、外からはわからないけれど、内部の設計を変えたんですって。

設計を変えたんだって!

Z4(Z3+)とZ5では随分と設計を変えたんですってよ。
Z4とZ5

ヒートパイプがZ4では一本だけだったのが、Z5ではヒートパイクが二本、かつ長いようなんです。熱伝導樹脂も加えるなど、設計を新たなものにして工夫したんだそうです。このおかげで、熱くなりやすいというSnapdragon810で行こう、ということになったようです。

実は、この部品の展示まであったんです。こういうところが日系ですよね。

Z5
Z5
Z4まで展示があったよ。

Z5 Premium
Premium
Premiumですね。私の目にはZ5とZ5 Premiumの設計の違いがよくわかりません。多分、ないんじゃないの?

Z5 Compact
Z5 Compact
反対にZ5 Compactは全然違いますね。電池パックにも何か渡してありますねえ。

ソニー氏にお聞きしたところ、Z5 Compactは分厚いのを生かしたので、Z5よりも熱くなりにくい。
そして、Z5 Premiumは(条件にもよるけれど)画面が大きいという優位性がある、とのことだったのです。Z5 Premiumは4Kディスプレイなのでそこもありますよね。

ということは、Z5 Compactよりも、Z5 Premiumもこれよりも良さそうですよ。

実際どうだったのか

動画では?

帰るときに(実は)博多駅に行きながら4Kで動画を撮ってたんです。4分くらいだったかな。それでも熱くなりません。ZRで動画を撮ると1分もしないうちに「熱が・・・」という注意が出てくるのですけどね。

写真は?

そして、博多駅で写真を撮るでしょ。静止画の撮影ではそんなに熱くなるわけはないです。

音楽は?

翌日まで放置して、翌日は4時間くらい音楽を聴いていましたが、熱くなりません。ZRはめちゃくちゃ熱くなりますね。ZenFone Selfieはそんなに熱くならないような気がしますが。

ネット動画では?

それから2時間くらいオンラインで動画を見たんですが、さすがに熱くなりました。

ネットサーフィンでは?

ネットサーフィンをしているとちょっと熱くなってきたかなー。ただ、体感的にZR(そんなに熱くならないわけではない)よりもびっくりしました。ZRは背面がプラスチックだったのに対し、Z5は背面がガラスですから、ダイレクトに熱くなります。しかし、画面はZRよりも熱くないかもしれません。まあ、感覚的に「あれ?熱い」という感じなので、気にするほどではないのではないでしょうか。

アプリのアップデートでは?

アップデートしてくれ、と表示が出たのでアップデートしたのですが、このときはNFCマークの近辺が「すごく」熱くなりました。触れない訳ではないんですよ?

バッテリー

お借りした段階では、Z5のバッテリーは(ほぼ)満タンでした。

帰るときに4分くらい4Kで動画を撮影し、博多駅で写真の撮影、翌日は4時間くらい音楽を聴き、それから2時間くらい動画を見ています。
それでもまだまだバッテリーは10%残っていました。

これだけ持てば十分かなー。ただ、GPSを使うとまた変わると思うのですけれど。それはまた今度!

バッテリーは容量が違うので、CompactやPremiumは変わるのでしょう。