いまだにZenFone3(小)を使用しています。特に不便はありません。

結局、ZenFone4 Selfie ProとZenFone3(大)の比較はやったのですけど、ZenFone4とZenFone3(大)の比較はしなかったようなので、やっておきましょうか。

・ZenFone5QはZenFone5 Liteという名前で他国では売られるのではないかと言われている、ZenFone 5Q (ZC600KL)台湾版です。
・ZenFone 4(ZE554KL)は日本版です。
・ZenFone 4 Selfie Pro(ZD552KL)も日本版です。

ディスプレイのサイズ、本体の大きさ、重さ、バッテリー容量

5Q 4 4 Selfie Pro
ディスプレイのサイズ 6 5.5 5.5
本体の大きさ(mm) 160.52/76.06/7.75 155.4×75.2×7.5 154.0×74.8×6.85
重さ(g) 168.3 165 147
容量(mAh) 3300 3300 3000

 

これを見ると、5Qは、4から比べても縦に5ミリ、横に1ミリしか変わらないのに、ディスプレイが6インチと随分と大きくなりました。重さもそんなに重いわけではないのもいいですね。

CPU・RAM、内部ストレージ、SDカード

5Q 4 4 Selfie Pro
CPU CPU:
64 位元高通® 八核心行動平台 Snapdragon™ 630,搭載 14 奈米製程
FinFET LPP (Low Power Plus) 鰭式場效電晶體省電技術
GPU:
高通® Adreno™ 508 (SDM630)
CPU:
Qualcomm® Snapdragon™ 660 (オクタコアCPU)
動作周波数:2.2GHz
GPU:
Adreno 512
CPU:
Qualcomm® Snapdragon™ 625 (オクタコアCPU)
動作周波数:2.0GHzGPU:
Adreno 506
RAM 4GB 6GB 4GB
内部ストレージ 64GB 64GB 64GB
マイクロSDカード最大容量 2TB 2TB 2TB

 

5QのCPUは4よりも一世代前、RAMも一段落ちる感じですね。4 Selfie Proと比べれば、少し上がっているのですが。4 Selfie Proは2016年モデルのZenFone3(大)と同じでしたけど、5Qは流石にそこまで低スペックでは内容です。

SIMの扱い

スペックだけを見てあーだこーだというのが楽しいのですが、5Qが日本に入ってきたら考えなくもないなと思ったのがこの点です。

5Q:三卡插槽:nano-SIMx2 兩張 SIM 及一張 microSD 卡 (どうやらトリプルスロットのようです)
4: nano-SIMx2(これはハイブリッドデュアルスロット)
4 Selfie Pro: nano-SIMx2 (これはハイブリッドデュアルスロット)

そうです。SIM部分がトリプルスロットです。ハイブリッドデュアルスロットは、SIM1があって、SIM2とマイクロSDカード部分が排他利用になっています。なので、SIM2スロットはマイクロSDカードにするのかSIMにするのか考える必要がありました。

5Qも4 Selfie Proよりも一世代新しいCPUなので、いずれもおそらくいわゆるDSDSなのでしょうけれど、ま、この点はみなさん自己責任で。

カメラ

5Q 4 4 Selfie Pro
背面カメラ
1600 萬像素輔
120° 超廣角
1,200万画素カメラ内蔵 (メインカメラ)、
800万画素広角カメラ内蔵 (2ndカメラ)
1,600万画素
前面カメラ
2000 萬像素輔
120° 超廣角
800万画素カメラ内蔵 1,200万画素カメラ内蔵 (メインカメラ)、
500万画素広角カメラ内蔵 (2ndカメラ)

面白いのは今回はカメラ。はやりのデュアルレンズなのですが、Selfie Proは前面カメラが二つ。ただ、この前面カメラが必要なければ、3(大)の方がお得では?と思っていて、それはいまでも変わりません。

5Qは前も後ろもデュアルレンズで、レンズが合計4つ!?

ハイレゾ

個人的には、ZenFoneはカメラではなくて、音。

4も4 Selfie Proもハイレゾ対応だったのですが、台湾版を見る限り、5Qはハイレゾ対応ではなさそうです。

参考ページ&値段

>>ASUS 【限時送ZenPower】ASUS ZenFone 5Q 超廣角四鏡頭手機(ZC600KL 4G/64G) – 星空黑NT$9,990
>>ASUS ZenFoneShopZenFone 461,344円
>>ASUS ZenFoneShopASUS ZenFone 4 Selfie Pro (ZD552KL-BK64S4)37,584円

 

個人的にどう思ったかというと

5シリーズが早々に出てきたというのは、ひょっとしてZenFone4シリーズの売れ行きはあまりよくなかったということでしょうか。

5Qは日本にはLiteとして入ってくるならば、値段次第ですね。

ZenFone3(大)と中身がほとんど変わらない4 Selfie Proより少しだけスペックが上がって、画面が大きくなり、トリプルスロットになっています。大きな画面と四つのレンズ、トリプルスロットにどこまで魅力を感じるのか・・・。

もしも箱潰れ程度の3(大)がかなり安く購入できるとすると、むしろそちらの方がすごくお得かもしれません。

次に、ZenFone 3のサイズの小さいもの。RAMが3GBとガクッと落ちますが、5.5インチが大きすぎればこちらのほうがいいかもしれません。とくに、ZenFone4シリーズは5.5インチに揃えられていたし、5.2インチが欲しければこちらのほうがいいのかもしれない。

要チェック!
>>ASUS Shop

⭐なお、日本のASUSが発売したもの以外は、技適が通ってない可能性があります。国内利用を前提にするならご注意を。国内利用を前提にするならば、日本のASUSが販売したものを購入しましょう。