2年ぶりに、エクスパンシスで注文しました。2014年11月にXperia ZRを注文したときの記憶とはちょっと異なる点もあるので、購入記録を作っておきます。2016年3月、なのでその点をどうぞ。

購入したのは、Xperia Z5 Compactでした。

あくまでも「輸入」なので、日本の、特にキャリアで買うときとは事情が変わります。ご留意ください。

ローマ字表記で注文

エクスパンシスそのものは日本語に対応しています。しかし、注文するときの名前や住所はローマ字表記です。それくらいはできますよね。

保証は一年間

以前、ZRを購入したときには、保証料を払うことによって二年保証に延長できたのですが、今回はそのオプションがありませんでした。なので、今回のZ5Cは一年間の保証です。

本体価格に関税も必要

ヤマトを選択しましたが、関税(今回は2200円)の支払いが必要でした。これは配達員が持ってきてくれたときに、「着払い」として支払います。

つまり、本体代金・送料・関税の三つがかかり、本体価格は50,900円ですが、私の支払いは54,500円です。

注文から到着までは早かった

私の場合、注文から到着まで3日でした。

注文の翌日に香港を出て羽田クロノゲートに入ったようなので、ひょっとすると23区から横浜あたりまでだったら、注文から到着まで2日かもしれません。ただし、これはタイミング(深夜日付が変わってすぐに注文したか、休日・祝日を挟んでないか)などもありそうです。

内容物が日本版とは違う。充電アダプターは日本に対応していない可能性がある

ドコモのZ5Cではどうやら、充電アダプターとUSBケーブルがついてこないようですね。

これが今回届いたものの中身です。

今回のZ5CはBF型の充電器が付いていました。香港ではこの形なので、香港旅行に非常に便利です。
ピッとつまみを上に上げて、この三点をコンセントにつっこみます。

エクスパンシスで購入すると、変換アダプターも付いてくることがあるようです。しかし、幾つかのメーカーは対応ではないとのことです。SONYがその一つなので変換アダプターはついてきません。

でも、充電器もUSBケーブルも日本で買いやすいですから、問題ないですよね。

BF型でもないこともあるらしい

今回はZ5C E5823の香港版だったようなので、ついてきた充電器はBF型でした。エクスパンシスでの購入記をググると、他の機種ですが充電器がO型(ハの字)でおそらくオーストラリア版だった、というケースもあるようです。変なアダプターが届いても、輸入したものだから仕方がありません。

デフォルトでは繁体字だった

この機種は香港版なので、そのままでは繁体字になっていました。スクショ撮り損ねましたが。時間も一時間遅い香港の時間になっていました。
なので、一番初めにしたことは、言語を日本語に切り替え、また時間を東京に合わせることでした。

Z5Cは技適を通っていた

今回のZ5Cは日本の技適を通っていました。

以前購入したZRは技適を通っていないものでした。技適はものにもよります。