日本のキャリアでもX Performanceの発売が正式に発表されました。
海外モデルもExpansysで予約が始まりました。

追記)
6/15現在、エクスパンシスに先駆けて、EtorenではXperia X・XAの販売が始まりました。

Xperiaアンバサダーが開催されるようですが、イブリンは日程が合いません。東京は絶対無理、6月の私のスケジュールを見ても、大阪も名古屋も無理でした。一泊しないとならないですしね。福岡・仙台・札幌とかなさらないのかなあ。冬の地方開催があまり効果を発揮しなかった、そういうことなのかもしれません。残念なことです。

気を取り直して、X Performance を中心に、改めてX、XA、そしておそらくXPの前機種と思われるZ5Pのスペックを比較してみましょう。ご注意頂きたいのは、すべてエクスパンシスで扱われるSIMフリー機でみていることです。

XシリーズとZ5との比較は、Sony Xperia XとXA、そしてZ5を比較する話に書いています。

ディスプレイのサイズ、本体の大きさ、重さ

XP X XA Z5P
ディスプレイのサイズ 5インチ 5インチ 5インチ 5.5インチ
本体の大きさ(mm) 144 x 70 x 8.7 mm 143 x 69 x 7.9 mm 143.6 x 66.8 x 7.9 mm 154.4 x 76.0 x 7.8 mm
重さ 165g 153g 137.4g 180g

 

同じ5インチとはいえ、少しずつ大きさが異なるのですね。重さも、XAとXPを比較するとなんと30g近く違います。ケースをつけるつけないで変わる重さでもありますが、なかなかのものがありますね。

大きさが違うので、Z5Pが大きくて重いのも仕方がないかな。

バッテリー

XP X XA Z5P
容量 2700 mAh 2620 mAh 2300 mAh 3430 mAh

実は、バッテリー容量はXシリーズはあまり大きくありません。

あまり消費しないような設計になさっておられるのでしょうか。

CPU・RAM、内部ストレージ、SDカード

XP X XA Z5P
CPU Quad Core
2.2 GHz/1.6 GHz / 64-bit
Qualcomm Snapdragon 820 MSM8996
GPU: Adreno 530
Hexa Core
1.8 GHz + 1.4 GHz
64-bit Qualcomm Snapdragon 650 MSM8956
GPU: Adreno 510
Octa Core
2.0 GHz + 1.0 GHz
64-bit MediaTek MT6755
GPU: Mali-T860 MP2
Snapdragon 810
Adreno 430 GPU
64-bit Octa Core processor
2 GHz/1.5 GHz
RAM 3GB 3GB 2GB 3GB
内部ストレージ 64GB 32GB/64GB 16GB 32GB
SDカード最大容量 200GB 200GB 200GB 200GB

 

コア数はXPがクアッド(4つ)、Xかヘクサ(6つ)、XAがオクタ(8つ)です。増やせば今度は熱問題が出るのでしょうか。詳しくないので調べたいところでもあります。

iPhoneシリーズの場合なら、私は内部ストレージはできる限り大きい方が良い、と思います。現にiPad Mini2は120GBを使用していて、内部ストレージのことを考えないで済むというのはストレスレスなんだな、と実感しています。

しかし、Androidの場合は、SDカードを使用できるので、内部ストレージはそれほど気にする必要はないのではないでしょうか。SDカードのデータが吹っ飛んでしまうのでは?という懸念はありますし、数年前の、本当に私が持っているZRなんて内部ストレージが笑っちゃうほど小さいです。これは購入当初から思っていたけれど。

XAの16GBは低すぎるとしても、Xの32GBとXPの64GB、これにSDカードを使用すれば、通常の利用ならば問題ないのではないかと思いますよ。(ただし、XPのデュアルSIMモデルは、SIM2がマイクロSDカードと共用らしく、デュアルSIMとして使用すると、意味をなしません)

SIMの扱い

XとXAはnanoSIMで、イギリスのSONYのサイトを見る限りではシングルSIMモデルと、デュアルSIMモデルを予定しているようでした。エクスパンシスではまだなんともわからないのだけど。

しかし、XP。エクスパンシスでの扱いはナノSIMのデュアルSIMとはっきりと書いてあります。国内モデルはどうなるのでしょうか。やはりSIM2スロットは潰されているのではないかな、と想定していますが。

数日前から、台湾のサイトでXPは4Gと3Gの同時接続が可能なのではないか、という話があがっています。

台灣 Sony Xperia X Performance 預計 6 月推出,支援雙卡、3CA | 新品上市 | 跳跳虎

これによると、香港版のGalaxy S7 Edgeも4Gと3Gの同時接続が可能だということになっているようです。

XPに限定すると、英国版では、Single SIM, Dual SIM, Nano SIMと書かれるのみで、シングルSIMモデルもデュアルSIMモデルも出るようですし、4Gと3Gの同時接続が可能か否かも書かれていません。発売前ですし。

Xperia™ X Performance

また、台湾で売られているもの、香港版(おそらくエクスパンシスで扱うのはこれ)を購入して、それが4Gと3Gの同時接続が可能だとしても、それが日本の技適を通っているかは不明です。そのうちどなたかが検証してくださると思ってます。

なお、Z5PはデュアルSIMモデルでも、4Gと3Gの同時接続は不可能です。

追記)

先日、友人が台湾に行きました。Xperia Z5Cを貸したら、台湾のSONYのブースに行って(許可を得たらしい)写真を撮ってきてくれました。

台湾で売られているXperia Performanceものは、エクスパンシスに出ているものと同様、F8132だそうです。
20160623113909
お店の説明は、4Gと3Gの同時接続が可能。

そして、技適を確認したところ、日本の技適表示はないそうです。
20160623113910

なお、ハイブリッドデュアルSIM、つまり、SIM2がマイクロSDカードト共用になっているようです。

台湾のX・XAはいずれもシングルSIMの扱いしかないのか見つけられず、やはり技適なし、だそうです。

対応周波数帯(LTE)

Z5・Z5Pがそうだったのですけど、シングルSIMモデル、デュアルSIMモデルでそれぞれ対応周波数帯が異なる可能性はあります。今回、Z5PはデュアルSIMモデルで出しています。
XP: 4G: LTE Band 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/19/20/26/28/29/38/39/40/41
X:   4G: LTE Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20/26/28/38/39/40/41
XA:4G: LTE Band 1/3/5/7/8/28/38/39/40/41
Z5P:4G: LTE Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/20/38/39/40/41

XPの圧勝。ですね。

カメラ

XP X XA Z5P
背面カメラ 23MP 23MP 13MP 23MP
4K(動画)
前面カメラ 13MP 13MP 8MP 5.1MP

あ、XPってZ5Cですら可能だった4K動画の撮影ができないのですね。

セルフィーするならXPかXが良さそう。

GPS

XP: aGPS, GLONASS, BeiDou
X:GPS: aGPS, Glonass, BeiDou
XA:aGPS
Z5P:GPS: aGPS, Glonass, BeiDou

 

XPとXはハイレゾ&ノイキャン対応!

ただし、私のZ5Cは動画のストリーミングでイヤフォンを使うと、ノイズが入りますが・・・。

そしてまだハイレゾの威力を感じていないんですよね。

イヤフォンが必要ですから。

6/30現在、Xシリーズは購入できるし、XA Ultraの予約も始まってますよ!

X Performance

まずはXP。案外安い値段で出してきましたね。

>>エクスパンシス Sony Xperia X Performance Dual F8132
icon
>>Etoren Sony Xperia X Performance F8132 Dual 64GB Black

エクスパンシスは72,220円で、これに消費税がかかります。6/30現在、入荷待ちです。
Etorenは725米ドル。これに送料22.48米ドルがかかるもようです。(輸入消費税は含まれているようです)。今のレートなのかな、725米ドル=74,431円となっているので、もしもエクスパンシスで買えるなら、エクスパンシスのほうが安いのかもしれません。

X

>>エクスパンシス Sony Xperia X Dual F5122 (SIMフリー, 64GB, Graphite Black)
icon
62,800円で、これにまず送料がかかります。ヤマトで1,400円なので、64,200円、さらに輸入消費税がかかります。
>>Etoren ソニー Sony Xperia X F5122 Dual Sim 4G/LTE 64GB ホワイト

こちらは629米ドル。これに送料22.48米ドルがかかります。ただ、輸入消費税は入っているようです。

実は、Etorenではもう一つモデルがあります。
>>Etoren ソニー Sony Xperia X F5121 4G/LTE 32GB ホワイト 【SIMフリー】+Sony ZX110NC ノイズキャンセリングヘッドフォン

どうやら、こちらは内部容量が32GBのシングルSIMモデルのようです。これに送料22.48米ドルがかかるのでしょう。
563米ドルにZX110NCというノイキャンヘッドホンが付いてくるようなのですが、Amazonで見ると3000円強です。

XA

エクスパンシスはXAはデュアルSIMですね。
>>エクスパンシス Sony Xperia XA Dual F3116 (SIMフリー, 16GB, White)
icon
34,100円の輸入消費税と送料がかかります。

対してEtorenはシングルSIMとデュアルSIMのどちらともの扱いがあるようです。
>>Etoren ソニー Sony Xperia XA F3115 4G/LTE 16GB ローズゴールド

>>Etoren Sony Xperia XA F3116 Dual Sim 4G 16GB Black

XAのシングルSIMモデルは345.86米ドルに送料がかかります。
XAのデュアルSIMモデルはまだ予約段階です。

5インチも少し大きすぎるな、と思われるのであれば、シングルSIMモデルしかないけれど、Z5Cはオススメです。何がいいって、技適を通っているので日本のSIMを入れて国内で利用することが可能なのです。
>>エクスパンシス Sony Xperia Z5 Compact E5823
icon
私はmineoを入れてZ5Cで使用しています。

mineoを契約するならお忘れなく!

詳しくは、こちらで書いています。
ちょっと安くmineoを契約する方法の話

いずれにせよ、Z5P、Z5Cは、Xシリーズの発売ののちはいつまで扱いがあるかわからないので、気になる方はお早めに!