エクスパンシスでは、2016年秋冬モデル、XZの予約が始まりました

というわけで、XZと夏モデルXPと2015年の秋冬モデルZ5との比較をしてみましょう。

XZは10/9現在、エクスパンシス・EtorenともににあるのはF8332モデル(デュアルSIM)です。

XPはエクスパンシス・etoren共にF8132モデルです。
Z5 dualはEtorenに残っているE6683モデルで比較しています。

XZのデュアルモデルはおそらく日本の技適を通していないのではないかと思われます。XP・Z5ともに技適が通っていません。海外で使用するのを前提としてお読みくださいね。

ディスプレイのサイズ、本体の大きさ&重さ、バッテリー容量

XZ XP Z5
ディスプレイのサイズ(インチ) 5.2 5 5.2
本体の大きさ(mm) 146 x 72 x 8.1 144 x 70 x 8.7 146 x 72 x 7.3
重さ(g) 161 165 154
バッテリー容量(mAh) 2900 2700 2900(注1)

注1 Z5のバッテリーは、etorenには出ていないので、エクスパンシスに出ていたものを基にした過去の記事から引っ張っています。

XPは5インチだったのですが、XZは5.2インチに戻っています。大きさもZ5より厚みがあり、重くなっています。

CPU・RAM、内部ストレージ、SDカード

XZ XP Z5
CPU&GPU Qualcomm Snapdragon 820 MSM8996
CPU: Quad Core / 2.2 GHz + 1.6 GHz
GPU: Adreno 530
クアルコム スナップドラゴン 820 MSM8996
CPU: クアッドコア/ 2.2 GHz/1.6 GHz /
GPU: Adreno 530
Qualcomm MSM8994 Snapdragon 810
CPU: Quad-core 1.5 GHz Cortex-A53 & Quad-core 2 GHz Cortex-A57
GPU: Adreno 430
RAM 3GB 3GB 3GB
内部ストレージ 64GB 64GB 32GB
SDカード最大容量 256GB 200GB 200GB

チップセット、CPU&GPUを見ると、XZとXPは全く同じです。SDカード最大容量が違うのですが。しかし、Z5から比べると明らかに違いますよね。

ここで私が持った印象は、XZってZ5にXPの脳みそを移植したような?というものでした。

SIMの扱い

ここで書いているのはデュアルSIMモデルです。シングルSIMモデルではありません。

先に説明しますが、ハイブリッドデュアルSIMスロットというのは、SIM2スロットがマイクロSDカードスロットと共用になっているものです。

XZ: nano-SIM (ハイブリッドデュアルSIMスロット)

XP: nano-SIM(ハイブリッドデュアルSIMスロット)

Z5: nano-SIM

 

XPは台湾に行った友人が型番F8132のデュアルモデルは、4Gと3Gの同時接続が可能だと聞いてきてくれました。チップセット・CPU・GPUも同じですし、XZも同様と期待しています。(違ったらゴメンなさい)

台湾でSony Xperia X Performanceを触ってきた方の話

Z5の時代は、SIM1もSIM2も4Gと3Gに接続できるのですが、どちらかを4Gもしくは3Gで繋ぐともう片方はGSM(2G)になるという仕様でした。

対応周波数帯(LTE)

Z5・Z5Pがそうだったのですけど、シングルSIMモデル、デュアルSIMモデルでそれぞれ対応周波数帯が異なる可能性はあります。今回、Z5PはデュアルSIMモデルで出しています。
XZ: 4G: LTE Band 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/19/20/26/28/29/32/38/39/40/41
XP: 4G: LTE Band 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/19/20/26/28/29/38/39/40/41
Z5: 4G: LTE Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/20/38/39/40/41

XZはBand32が追加されています。Band32を使うのはどこの国なんでしょうか。

いずれにせよ、もはやソニーの場合はBand38以上をカバーしているか否かを考えずに購入できるようになったようですね。

カメラ

XZ XP Z5
背面カメラ 23MP
4K
23MP 23MP
4K
前面カメラ 13MP 13MP 5.1MP

カメラでびっくりしたのは、XPが4K対応ではなかったことです。Z5Cですら4K対応だったのに。XZは背面カメラが4Kに戻ってますし、前面カメラが13MPです。

カメラに関しては、XZはXPとZ5のいいとこ取りです。

 

もちろん、ハイレゾ&ノイキャン対応!

もちろん、イヤフォンが必要ですが、どの機種もハイレゾ&ノイキャン対応です。

私のZ5Cは動画のストリーミングでイヤフォンを使うと、ノイズが入ります・・・。

変更点

XZでは、UBSケーブルUSB Type-Cに変更になっています。今までのものは使用できませんし、もしもモバイルバッテリーを持ち歩く場合は、モバイルバッテリーの充電用のケーブルとモバイルバッテリーからXZに充電するためのケーブルが別になります。

 

10/9現在、XZの販売が始まっています

Xperia XZ

エクスパンシスでは10/9現在、在庫切れになっていますが、74,900円だそうです。送料無料なので、これに消費税がかかります。
>>エクスパンシスSony Xperia XZ Dual F8332 (64GB, Forest Blue)
icon

Etorenでは、77,787円だそうです。これに送料がかかります。
>>Etoren ソニー Sony Xperia XZ Dual Sim F8332 64GB ブルー

X Performance

9/20現在、
エクスパンシスは61,800円で、これに消費税と送料がかかります。ヤマト1400円で、エクスパンシスの輸入消費税を試算してみると、輸入消費税が3034円。なので、合計66,233円です。

Etorenは62,291円で、これに送料がかかります(輸入消費税は含まれています)。試しに送料を入れてみたら64,581円でした。

一般にエクスパンシスの方が少し安い傾向にあるのですが、9/20段階ではEtorenの方が安い結果になっています。

>>エクスパンシス Sony Xperia X Performance Dual F8132
icon
>>Etoren Sony Xperia X Performance F8132 Dual 64GB Black

Z5

Etorenにしか残っていません。9/20現在でお値段は¥45,732に送料がかかります(輸入消費税は含まれています)。
>>Etoren ソニー Sony Xperia Z5 E6683 Dual 4G/LTE 32GB ブラック

5インチも大きいなら、Z5Cもお忘れなく!

5インチも少し大きすぎるな、と思われるのであれば、シングルSIMモデルしかないけれど、Z5Cはオススメです。何がいいって、技適を通っているので日本のSIMを入れて国内で利用することが可能なのです。

X Compactという機種が出るようなので、予約が始まったらZ5Cと比較しなくては!

たまにエクスパンシスで販売終了になっているのですが、ポッと出てくることもあって、あなどれません。
>>エクスパンシス Sony Xperia Z5 Compact E5823
icon

私はmineoを入れてZ5Cで使用しています。

mineoを契約するならお忘れなく!

>>mineoはau端末もドコモ端末も使えるから、今のスマホをそのまま安く

詳しくは、こちらで書いています。
ちょっと安くmineoを契約する方法の話

いずれにせよ、Z5P、Z5Cは、Xシリーズの発売ののちはいつまで扱いがあるかわからないので、気になる方はお早めに!