ちっともガジェットに強くない家人の話です。

iphone5

ドコモガラケーユーザーでした。もう12年。ここ数年はiPhone待ち組だったのです。主に必要だったのはGPS機能とウェブ閲覧機能です。イオン980円SIMをB-Mobileで契約し、ポケットWi-FiでiPod touchをつなげていました。つまり、鞄にはガラケーにポケットWi-Fi、iPod touchが入り、それぞれに充電器があるのです。さすがに携帯していた充電器はUSBチャージアダプターを利用していましたが、それでもコードは三つです。ポケットWi-Fiはすぐにバッテリーが切れるし、と不満でした。Androidにしなかったのは、機械周りはギークな家人に全部任せているのですが、そちらがAndroidを拒否したからです。そこで一年半使ってきたポケットWi-Fiのバッテリーが死にました。常時電源に接続していないと使えないとかあり得ない。

そこに、ドコモでiPhone取り扱い開始、という話だったので喜んでいたのです。けれど、料金プランを見て、吹っ切れました。どうして、長年のユーザーをMNP組や出戻り組よりも冷遇するんだろう。というわけで、ドコモ愛は吹き飛び、近場のSoftBankでiPhone5Sか5Cにしようと思ったのです。そこで見つけた5でした。

まず、指紋認証を使うつもりはない(5Sである必要はない)。できるだけ軽い方が良い(5Cである必要はない)。さらに枯れた機械なのでマイナーなバグの多くは修正済みだろう。写真はできればきれいな方が良いけれど。MNPでiPhone5の16GBだったら商品券3万円だったのも大きかったです。

というわけで、9月、商品券3万円につられてSoftBankでiPhone5を契約しました。

問題は、三点あります。一つ目はその商品券がなかなかこなかったこと、二つ目は契約時に不要な見守り携帯(もしくはもっと不要な写真立て)を契約しないと安くならなかったこと、です。事務手数料をそれぞれにとるので計6000円。一ヶ月目の請求は14000円です。びっくりしましたね。内訳を見ればわかるのですが。三つ目はi.softbank.jpのメールアドレスが数回「パスワードが違います」と設定しなおさねばならなかったことです。

SoftBankにも強い不満が残ります。けれど、3つ持っていたデバイスが1つになり、しかもGPSがより正確になりました。ウェブの閲覧が非常に速い。そして、コードも一つですみます。結局iPhoneにしてよかったです。