「日本版」と書きましたが、9/7のASUSさんの大阪セミナーで聞いたお話と、いただいたスペックノートを基にした話、とご理解ください。発売時期・価格・色などまだ未定らしく、ひょっとしたらスペックそのものも変わるかもしれません。
(追記。9/18公式ストアより発売開始です。スペックはやはりいただいたスペックノートの通りの模様です)
ASUS Shop ZenFone Selfie

以下では日本版=いただいたスペックノート、台湾版=ASUS台湾HPより、WW版=エクスパンシス&ASUSグローバルHPより、とご理解ください。WW版というのはどういうことだろう・・・ワールドワイド、かな?

同じらしいところ

本体の大きさ・重さ・ディスプレイの大きさは変わらないようです。

逆に言うと、日本版と台湾版やエクスパンシスで扱っているもの(香港版ではないかな)は別もの、という理解の方がいいかもしれません。

CPU・RAM

日本版 台湾版 WW版
CPU Snapdragon 615(オクタコア) Qualcomm Snapdragon S616 オクタコア / 64-bit Qualcomm MSM8939
動作周波数 1.5GHz+1.0GHz 1.7 GHz 1.5 GHz
RAM 2GB 3GB 3GB

ここが三者完全に違います。日本版の1.5GHz+1.0GHzとはどういうことなんでしょう。クアッド1.5GHzとクアッド1.0GHz二つでオクタコア、ということなのでしょうか。Sony M4 AquaのCPUを調べていると、同じくSnapdragon 615(オクタコア)で、エクスパンシスにはクアッド1.5GHzとクアッド1.0GHzと書かれてるんですよね。台湾版と比べるとやはり落ちるのかなあ。
>>エクスパンシスSony Xperia M4 Aqua Dual E2363
icon

日本版はさておき、私が動作周波数至上主義の嫌いがあるのは事実なのですが、他がほぼ同じなら、RAMが大きく、動作周波数の大きいものの方がサクサク動く(OSが新しくなっても動き続ける)のではないかと感じます。

日本版はRAMが2GBしかないのが残念。

もちろん、触らせていただいた日本版もサクサク動いていましたよ。問題は2年、3年後、Androidのバージョンが上がってもついてこれるか、ということなんです。それを考えると、大きめの方が良いんじゃないか、と思ってしまいます。

素人目には台湾版が一番高性能に見えるのですが、どうなのでしょうか。私には判断できません。あくまでも中身がそもそも違いますよ、ということで。

内部ストレージ&搭載できるSDカード

日本版 台湾版 WW版
内部ストレージ 16GB 32GB 32GB
マイクロSDカード最大利用可能容量 128GB 128GB 128GB

内部ストレージは日本版は見劣りします。

マイクロSDカードで拡張できるとはいえ、16GBかよ?みたいな感じ。ただ、iOSとは異なり、マイクロSDカードで拡張できるのがAndroidの良いところです。

やっぱり内部ストレージは気になる?気にならない?

LTE

対応している周波数帯も異なります。ちょっと長くなるので、表はやめましょうか。

日本版&台湾版:2100MHz(1)/1900MHz(2)/1800MHz(3)/850MHz(5)/850MHz(6)/900MHz(8)/1800MHz(9)/800MHz(18)/850MHz(19)/700MHz(28)

WW版:2100MHz(1)/1900MHz(2)/1800MHz(3)/850MHz(5)/2600MHz(7)/900MHz(8)/800MHz(20)

この周波数帯を見て、エクスパンシスで扱っているのがWW版なんだと判断しました。

見たらわかる通り、日本版&台湾版にある18,19,28がWW版にはなく、日本版&台湾版にない7,20がWW版にはあるということです。

ここで、日本の各社のLTEの周波数帯を見てみましょうか。

Wikiによると、

ドコモ 1,3,19,21,26,28
au 1,11,18,26,28
ソフトバンク 1,3,8,11,28

です。WW版を日本で使用すると考えると、つかめる周波数帯数はドコモで2、auで1、ソフトバンクで3です。

日本&台湾版であれば、つかめる周波数帯はドコモで4、auで2、ソフトバンクで4です。各社とも増えました。それでも、auのSIMを使うのは微妙かもしれません。
追記)
後ほど別の記事にしますが、ASUSさんに確かめたところ、auのSIMは使えないとのことです。

WW版はソフトバンクのSIMを利用する方なら、使用に耐えるかもしれません。ただ、ドコモのMVNOを利用するのが前提であれば、WW版ではひょっとすると掴みにくいかもしれません。でもまあ、対応している周波数帯があるんで、全く掴まないということもなさそうです。

技適

当然ながら、日本版は日本の技適を通っています。
giteki
台湾版・WW版はどうなんでしょうねえ・・・

 

まとめ

CPU&RAM、内部ストレージ、対応周波数帯などの点で、日本版、台湾版、エクスパンシスで購入できるWW版はかなり違います。

いやー、ローカライズってこんなになさるもんなんですね。どこもこれくらいするものなんでしょうか。XperiaはいつもUKというか英語サイトとエクスパンシスを見てるけれど、こんなに、まるで別製品ではないの?というような製品は初めてです。これまでのものでもなんだか見落としがありそうですね。怖いな。これからはもうちょっと丁寧に見なければならないな、と思いました。

参考)
ASUS ZenFone Selfie Dual SIM – ZD551KL(エクスパンシス)
icon
Long Term Evolution (Wiki)
ASUS ZenFone Selfie 5.5 吋 FHD LTE 手機 (ZD551KL 3G/32G) (ASUS台湾)
ZenFone Selfie (ZD551KL)(ASUS Global)
・いただいた資料。オンライン上ではこちらに出ました。ASUS Shop ZenFone Selfie