注)ZenFone SelfieはASUSさんにご提供いただきました。

ASUS ZenFone Selfie用にブルーライトカットフィルムを購入しました。

ブルーライトカットモードがあるので、それでいいと言えばいいのですが、とりあえず、液晶の保護用に購入しました。

購入したのはASUS純正フィルム

購入したのは純正フィルムです。
ASUS純正フィルム

サードパーティ製を買うなら気をつけて!

Amazonを見ればわかるんですが、中国メーカーがいろいろと出しています。しかし、よーく見てください。正面カメラの部分の大きさが違うものが混在しています。

ZenFone2用をそのままケースだけ入れ替えてSelfieとして売ってるんじゃないかと思われるようなものが多いんですよ。そんなの買ったらがっかりですよね。写真はカメラホールがちゃんとしてるけど実物は違う、とか逆に写真はカメラホールが変だけど実物はちゃんとしてる、とか、面倒。元の値段が1000円くらいのものなので、ぎゃんぎゃん言うのも面倒で事実上泣き寝入りすることになるのも嫌です。

純正ならその心配がありません。
純正フィルム

タッチジェスチャーが使えるか心配だった

これまで歴代のiPadやスマホには保護フィルムをつけてきましたが、多少タッチパネルの感度が下がりました。それで、タッチジェスチャー(ダブルタップでスタンバイ、など)が使いにくくなるんじゃないかと思ったんですよ。

慣れると本当に便利なんですよ、タッチジェスチャー。
ZenFone Selfie、実際に使ってわかったいくつかの話

貼ってみて

実はカメラホールの上にヒビが入ってて、これはまずいかも・・・なんて思ったんですが、保護フィルムの保護フィルムが割れていました。問題ない。

貼りやすくはない

2年前に購入したLay-Outのブルーライト低減フィルムのときなんかは、入り込むチリも粘着剤が包み込んでしまって見えなくなるというもので実に貼りやすいものでした。
Xperia ZR用にブルーライト低減フィルムを買った話

しかし、これは貼りやすいものではありません。斜めにカットしてある厚紙が入れてあって、これで気泡を抜いてね、という親切さはありがたかったけど。

なんども貼り直したせいで、角がこんな感じ・・・。
角
もういいよー。

液晶は保護されるけど

正直なところ、液晶の画面はバッチリ保護されます。しかし、スマホ前面すべてが保護されるかというとそういうわけでもないです。少し細めに作ってあるし。

何より一番下の同心円模様部分はカバーされないんです。まあ、ここをカバーしてどうするんだ、という話ですが。
汚れてしまう
ここ、溝が本当に細くて綺麗なんです。しかし、汚れちゃうんだよね・・・。

タッチパネルの感度は下がらない(と思う)

タッチパネルの感度は大きく下がってないと感じています。タッチジェスチャーも問題なく使えてるし。(実際に使うのはスリープ&ウェイク、背面カメラの起動の三つだけなんですけどね)

やっぱり、純正を買ったからかな。

持ち歩いた

持ち歩いてみると、屋外では見づらいです。ブルーライトカットモードをオフにしました。そうすると少し画面が見やすくなります。でもやっぱり見づらい。ノングレア(非光沢)タイプも出してくれるといいなあ。

液晶そのままだと指紋もあまりつかないのですが、シートは指紋べたべたになります。拭いてもすっきりとはしないし。多少微妙な感じ?

買うならほんっと、本体を注文するときに買うべき。ケースの方は、ま、いっか。という感じでした。

外で使用することが多い方の場合は、ケースを買った方がいいかもしれません。