ASUSのZenFone 3 ZE520KLです。5.2インチの小さい方です。

私はZenFone3を購入しました。
ZenFone3にFOMAを入れて使っている話

もう一つZenFone3 Deluxeも日本で出るのですが、それについてはこちらに。
ASUS ZenFone 3 Deluxeの台湾版と日本版を比較する話
ASUSは各国でスペックをいじってくる傾向にあるので、ちょっと比較してみましょう。

ディスプレイのサイズ、本体の大きさ、重さ

台湾 エクスパンシス Etoren 日本
ディスプレイのサイズ 5.2インチ 5.2インチ 5.2インチ 5.2インチ
本体の大きさ(mm) 146.87 x 73.98 x 7.69 146.89 x 73.98 x 7.69 約146.8 × 約73.9 × 約7.69
重さ(g) 144 144  144 約144
容量(mAh) 2650 2650 2650 2650

エクスパンシスで本体の大きさが見つからなかったんですが、変わらないでしょう。

CPU・RAM、内部ストレージ、SDカード

台湾 エクスパンシス Etoren 日本
CPU CPU:
64位元 高通® 八核心處理器Snapdragon™ 625 @2.0Ghz
GPU:
Adreno™ 506
CPU:
2.0 GHz / クアッドコア / Qualcomm Snapdragon 625 MSM8953
GPU:
Adreno 506
Qualcomm MSM8953 Snapdragon 625 CPU:
Qualcomm® Snapdragon™ 625 (オクタコアCPU)
動作周波数:2.0GHz
GPU:
Adreno 506
RAM 3/4GB 3GB 3GB 3GB
内部ストレージ 32/64GB 32GB 32GB 32GB
SDカード最大容量 2TB 200GB 200GB 2TB

台湾版は、この小さい5.2インチのものに、RAM3GBの内部ストレージ32GBのものと、RAM4GBの内部ストレージ64GBのものがあります。

マイクロSDカードの最大容量が2TB・・・

SIMの扱い

台湾 エクスパンシス Etoren 日本
SIM2がマイクロSDカードと共用 ⚪︎ ⚪︎ ⚪︎ ⚪︎
SIM1はMicroSIM ⚪︎ ⚪︎ ⚪︎ ⚪︎
SIM2はNanoSIM ⚪︎ ⚪︎ ⚪︎ ⚪︎
4G/3G、3G/4G、3G/3G同時待ち受け ⚪︎ ⚪︎ ⚪︎

ハイブリッドデュアルSIMスロット=SIM2がマイクロSDカードと共用になっています。

台湾は、

雙SIM卡插槽皆支援3G WCDMA/ 4G LTE,同一時間僅提供3G WCDMA或 4G LTE 的服務

どちらのSIMカードとも3G WCDMA/ 4G LTEに対応します。同時に3G WCDMAあるいは4G LTEに接続できるのは一つだけです

エクスパンシスは、

Both SIM card slots support 3G WCDMA/4G LTE network band. But only one micro SIM card can connect to 3G WCDMA/4G LTE service at a time.

どちらのSIMカードとも3G WCDMA/ 4G LTEに対応します。しかし一つのmicro SIMカードしか 3G WCDMA/4G LTEには接続できません

おそらく、このエクスパンシスのmicro SIMというのは誤訳なのではないかと思われます。

4G/3G、3G/3G、3G/4Gの同時待ち受けはできるけれど、「同時に」データ通信・通話はできないということのようですね。

日本でどのように表記されているかというと、

● デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)(※1)に対応し、SIMカードをその都度切り替えることなく、2つの番号から同時に通話やSMSの待ち受けが可能。ビジネスとプライベートの2つの電話番号をひとつの端末で使用することができます。また、通信高速化技術「キャリアアグリゲーション」(※ 2)対応により、高速で快適な通信が可能です。
※1 SIM1/SIM2両方のSIMカードスロットにSIMカードを挿入し、片方のSIMカードを使用して通話している 場合、もう片方のSIMカードでのデータ通信は停止します。またnanoSIMカードとmicroSDカードを 同時に使用することはできません。
※2 対応エリアでのみ使用可能。対応エリア外では、通常のLTEでの通信となります。

 

対応周波数帯(LTE)

台湾: 4G: LTE Band 1/2/3/5/7/8/18/19/26/28/38/39/40/41
エクスパンシス:   4G: LTE Band 1/2/3/5/7/8/18/19/26/28/38/39/40/41
Etoren: LTE band 1(2100), 2(1900), 3(1800), 5(850), 7(2600), 8(900), 18(800), 19(800), 26(850), 28(700), 38(2600), 39(1900), 40(2300), 41(2500)
日本:4G:LTE:B1/B2/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B26/B28/B38/B39/B40/B41

同じですね。

カメラ

台湾 エクスパンシス Etoren 日本
背面カメラ 16MP 16MP 16MP 16MP
前面カメラ 8MP 8MP 8MP 8MP

ここも変わりません。

 

実はなかなかのスペック

台湾版日本版ともにハイレゾ対応です。おそらくエクスパンシス・Etorenもでしょう。

やるなあ。

そして指紋センサーつきなので画面のロックを指紋ですることも可能です。

気になるお値段

台湾では、3GB/32GBのものはNT$7,990 1元=3円とすると23,970円。1元=3.5円とすると27,965円
4GB/64GBのものはNT$9,490 1元=3円とすると28,470円。1元=3.5円とすると33,215円
>>ASUSU 台湾 ZenFone 3 ‏(ZE520KL)‏

エクスパンシスでは3GB/32GBですが、28,800円に送料1,400円かかります。輸入消費税はご自分で計算していただけるとうれしいのですが、1450円でしょうか。合計31,650円かと。
>>エクスパンシス ASUS ZenFone 3 5.2″ Dual SIM ZE520KL
icon

Etorenでは3GB/32GBで、299ドル。輸入消費税は入っていて、送料は22.48ドルなので、合計321.48ドル。1ドル=101円として、32,470円。
>>Etoren Asus Zenfone 3 ZE520KL 4G 32GB Black(3GB Ram)

さて。日本版のお値段は。42,984円。え・・・この値段は税込みですよね?で送料は?
>>日本 ASUS ZenFone 3(ZE520KL-BK32S3)

3GB/32GBのものは、桃園空港の免税店の箱に技適表示があるものがありました。本当に表示されているかの確認ができていないのですが。

10/7発売開始!タイミングが合えばキャンペーンやってるのが公式サイト!
>>ASUS日本 ZenFone Shop

MVNOでも、ZE550KLとSIMのセットの扱いが始まりましたね!
>>BIGLOBEスマホ